お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. バーチャルオフィスでも円滑に業務を進めることができるビジネスチャットツールとは?

バーチャルオフィスでも円滑に業務を進めることができるビジネスチャットツールとは?

ビジネスチャットとは?

ネット上でクライアント(顧客)やカスタマー(お客様)などとコミュニケーションを図ることができるツールのことをいいます。この説明でピンとこない方は、ビジネス版のLINEだと思っていただければ大丈夫です。

もちろんLINEでもいいのですが、LINEはモバイルに特化しているため、主にPCでチャットを利用したい方や、ビジネスとプライベートは分けたいと思っている方には、ビジネスチャットのご利用をおすすめします。

ビジネスチャットのメリット

いまいちビジネスチャットの用途がわからない方のために、ビジネスチャットのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:無料

ビジネスチャットは基本的に無料で利用できます。

業務上のやりとりがとても増えてきてチャットグループをたくさん作る必要がある場合や、広告非表示にしたい場合などには有料版を利用することでその制限を解除することもできます。有料版と言っても1ユーザーあたり500円/月額程度なので、そこまで多くのやりとりが必要になった事業規模では有料版への移行も大きな問題にはならないはずです。

メリット②:タスク管理ができる

ビジネスチャットはタスク管理ができます。

タスク管理とは、簡単に言うと備忘録です。たとえば社員Aさんが社員Bさんへ仕事の依頼をした場合、LINE同様にチャットしただけだとタイムライン上どんどん重要な情報が流れて行ってしまいます。

タスク管理ができれば、Bさんへの依頼をチャットとは別にタスク化して残しておくことができます。このタスクはBさんがAさんからの依頼を終えてタスクを完了するまで残り続けます。

メリット③:ファイル共有

エクセルやワードなどビジネス上の電子書類をチャットツール上にあげる(ドロップ)だけで簡単に共有することができます。

メリット④:セキュリティ向上

セキュリティの向上も大きなメリットです。

管理者の権限で利用できるIPアドレスやデバイスを制限することも可能です。

メリット⑤:メールの挨拶文が不要

社内だけではなく、クライアントともつながることができるビジネスチャットツール。

「お疲れ様です」

「いつもお世話になっております」

「平素より大変お世話になっております」

など、毎回入れる冒頭の文章や挨拶文が不要になることも多くあります。たかだか1文ですが毎回毎回この挨拶文を入れることの非効率さにお気づきの方も多いはず。チャットツールでは通常の会話と同じように会話することができるため、文章を簡略化できるケースが多く効率的に業務を進めることができます。

おすすめのビジネスチャットツール

それでは、おすすめのビジネスチャットツールについてご紹介します。

Chatwork(チャットワーク)

ビジネスチャットツールのおすすめNO.1はChatwork

弊社でも、積極的にこのChatworkを使ってビジネスを円滑に進めています。

興味がある方はぜひビジネスチャットを取り入れて業務効率化を目指しましょう!

Chatwork(チャットワーク)

 

関連記事